風車ラン

 面白いお仕事を頂いたので、昨日は朝4時起きで浜田の山の中へ走りに行きました。まだ暗い内に家を出たので、お盆でも道路は空いており、1時間半程度で快適に到着。コースからの景色が楽しみで早く着きたかったので、道中も眠くならずにすみました。
RIMG2093.JPG

 走ったのは風力発電の風車が30基近く並ぶ、とある山の中。山を削って作っているので地形が変わっていますし、地図も無いのでなんとなく走ってみるしかありませんでした。写真中央付近の山にも小さく風車が写っているのが確認できるでしょうか?風も抜けてなかなか爽快。
RIMG2110.JPG
 風車をつないでいる道は砂利道で、あまり木陰もないので朝から暑い。標高1,000m以上なので平地より6℃は涼しいはずなのですが、それでも暑かったので、早い時間に家を出ていて助かりました。他に人もいなかったので、熊鈴をしっかり鳴らしながら進みました。
RIMG2114.JPG

 途中でアヒル防衛軍が風車の羽根を守っているところにも遭遇しました。アヒルの数で大体の大きさが分かってもらえるでしょうか?下から見上げた時と、あまりに大きさが違って見えるので、初めは羽根だと気付きませんでした。こんなに大きい物が回っていれば、風を切る大きな音もするはずです。
RIMG2122.JPG

 最後に大佐スキー場へも寄り道。ここはゲレンデを歩いて登れると聞いていたので、登ってみました。保守道路を上って行き、なんとなく草が少なそうなところをひたすら上へ。おもっていたほど斜度もなく、速い人なら走って登れそうな感じでした。まさか夏にスキー場へ来るとはという感じですが、下りはスピードが出て楽しく走れました。
RIMG2129.JPG

 夜は仕事が終わってから、柳井市の夏祭り「柳井金魚ちょうちん祭り」に少しだけ出かけ、家から花火を見ました。20時を過ぎてもとても暑くて、特に何も買わずフラッと街中を一周しただけ。家から花火の打ち上げ場所までは直線距離で1.3kmなのですが、思っていたよりも大きく花火を見ることができました。

トレイルラン運営関係カテゴリの最新記事