走って寝込む

 足首の状態を気にしながらですが、久しぶりに近場を5kmだけランニング。トレーニングマスクを装着して少しだけトレイルにも入ってみましたが、上りはとにかく苦しい。下りも調子に乗っていつも通り走ると、気付いた時には酸素が足りずに危険な状態になっていました。本番も意識してペースを落とさなければ危険です。
IMG_1387.JPG
 雲は出ていましたが、太陽があれば暖かくて走りやすい。むしろトレーニングマスクをしていると、汗なのか水蒸気なのか、色々なもので大変なことに。7:00/kmという遅いペースでも心拍数は170bpm近くまで上がりますし、短時間でとてもきついトレーニングになります。距離が走れないのは弱点ですね。
IMG_1388.JPG

 走り終わるまでは良かったのですが、その後は酸欠になったのか低血糖になったのか、急に頭が痛くなってしまい、1時間程度寝込むことに。トレーニングマスクを使ってのトレーニングが久しぶりだったので、単に疲れただけかとも思います。
PC316979.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。