CATEGORY fluteレッスン

Six Duos Brillants 終了

 96回目のフルートレッスンを受けてきました。ガリボルディ「フルートのためのデュエット 作品145 第2集」は真ん中の6曲からなる「Six Duos Brillants(六つの華やかなデュオ)」が終わり、最後の「Six …

広い場所で

 95回目のフルートレッスンを受けてきました。ターンの練習や新しい曲の譜読みをしていますが、まずは思い通りに動かない自分の指を無理矢理動かしていく作業を続けています。音自体を読むよりも機械的に指を動かす練習がメイン、とり…

残すはターン

 94回目のフルートレッスンを受けてきました。「アルテフルート教則本 第2巻」の23課まで終わり、4月からずっと続いている装飾音の練習も残すはターンだけとなりました。これまであまり古い時代の音楽をしてこなかったので、特に…

構え方変更

 93回目のフルートレッスンを受けてきました。少し前まで楽器が上手く固定できず、特に音程が下がり気味になってしまっていたのですが、ここのところ出来るだけチューナーを活用して練習したことと、構え方を少し変更したことで随分と…

65%

 92回目のフルートレッスンを受けてきました。今回はデクレッシェンド時に音が落ちないように、顎を使って息の向きを調整する練習をしました。息の量を少なくしたり、圧力を低くすると音が下がってしまうので、息の向きを変えて管内に…

トリル

 91回目のフルートレッスンを受けてきました。前回から2週間空きましたが、練習曲が2曲とも新しい曲だったので譜読みが大変。ひとまず音を出せるようにして行かないとレッスンにもならないので、なんとか最後まで演奏できるようには…

コンクールも終わり

 90回目のフルートレッスンを受けてきました。前回のレッスンから2週間空いたのですが、途中で「第60回 全日本吹奏楽コンクール山口県大会」に出場したりしていたので、なんだかバタバタと忙しくしていました。昨年はCOVID-…

持久力

 89回目のフルートレッスンを受けてきました。練習している時は問題なかったのですが、レッスンで演奏時間が長くなると、段々と唇の筋肉を保てなくなり、音程が下がってしまいました。練習曲などずっと負荷をかけるようなものは、まだ…

息の向き

 88回目のフルートレッスンを受けてきました。ここのところ「Berger Captive(恋する羊飼い)」を指定テンポ通りに演奏できるよう、常にメトロノームを使用して少しずつテンポを上げるよう練習しています。レッスンでも…

Berger Captiveに決定

 87回目のフルートレッスンを受けてきました。12月に開催されるかもしれないソロコンテストへ向けて練習する曲はPierre-Octave Ferroud「Trois Pieces」の1曲目「Berger Captive(…