Sáo Trúc

 今回のハノイ旅行の大きな目的は音楽、特にベトナムの横笛「Sáo Trúc」を購入しようと思っていました。まずは水上人形劇の伴奏を聞いて、どんなものか確認。指の動き的にH管かなと見当を付けて、楽器屋さんへ行くことにしました。

 楽器屋さんは市内中心部から9km程度のところにある「Sáo Trúc Mão Mèo」という笛の専門店へ。どうも「Mão Mèo」という有名な奏者がいるらしく、その奏者が関係しているお店の様です。ベトナム語が分からないと、詳しい情報は何も分かりません。ハノイはまだまだgoogleのストリートビューも普及していないので、現地に行くまで本当に実店舗があるか不安でした。

 お店にはそれなりに演奏できるお客さんも来ていて、なかなか賑わっている様でした。楽器自体も大量にありましたし、店員さんもたくさん演奏して見せてくれたり、指使いを教えてくれたりといいお店。英語が通じないので翻訳アプリ経由でしか話せなかったのですが、かなり分厚い教本もいただきました。

 オーソドックスな物を数本お勧めしてもらって、最終的にはH管で上から2つ目のグレードの物を購入しました。日本円で約4,000円。教本はベトナム語なので読めないのですが、図と楽譜で分かるところが半分程度あるので、フルートがある程度吹けるようになったら練習してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。