タンポ交換5つ

 購入から2年ちょっと経過したフルート MIYAZAWA「AZ coSmo-RH」を調整してもらいました。前回の調整から4ヶ月ちょっとでしたが、どうもここのところ調子が悪く、発表会前でタイミングも良かったので調整してもらうことに。全体の調整と注油だけで済むと思っていましたが、完全に破れているタンポが1つ、交換しておいた方が良さそうなタンポが4つあり、全部で5ヶ所のタンポを交換することになりました。購入した東京のお店に発送したので3週間程度かかりましたが、調整後はとても音を出しやすくなり、ノイズも減っている気がします。

 タンポ交換は(F, A, HighC, trDis, trD)の5か所でした。Fキーのタンポは完全に破れており、他は痛みが激しかったので予防的措置です。直接指でキーを塞がないHighC, trDis, trDなどが傷んでいましたが、これらは頭部間に近いから水分の影響を受けたのでしょうか?Aキーも頭部感に近いので、同じ理由かもしれません。なんにせよ、指に力を入れてしまうとタンポが傷みやすいとは思うので、出来るだけ脱力して演奏しようと気持ちを新たにしました。なんと言っても、調整料が35,000円。少しでも楽器に優しい演奏方法で、タンポの寿命を伸ばさないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。