アンサンブルコンテストへ向けて

 フルートの23回目のレッスンを受けてきました。途中で発表会へ向けての伴奏合わせや、発表会本番はありましたが、純粋なレッスンは1ヶ月振り。この間に木管楽器の良いコンサートを何度も聴きましたし、試奏で良い楽器をたくさん吹かせていただいたからか、1ヶ月前とは音の質が変わって来ていることが自分でも分かります。特に低音はようやくフルートの音らしく聞こえて来た気が、やはり初心者は成長率が高いです。

 レッスンのメインは12月に「第43回全日本アンサンブルコンテスト 山口県大会」で演奏する曲の練習へ。もう5ヶ月しかないので、そろそろ真面目に練習していかなければと思っています。曲自体は単純な繰り返しなので、いくつかのパターンを練習すれば良いのですが、全て初めてする事ばかりなので初心者には難しいです。
 とりあえず問題になりそうなパターンの洗い出しをして、練習方法を教えてもらったので、後は地道に練習するのみ。音楽をしている人の中では肺活量も筋量もある方なので、フルートという選択は合っていたのかなと思うのですが、どうも吹きすぎてしまう傾向があるようです。もう少し狭いレンジの中で、しっかりと強弱つけて頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。