使い分け

 12月のアンサンブルコンテストへ向けて練習が始まりました。スコアにしても見開き1枚と短い曲ですが、籔にはかなりの挑戦。出場メンバーが揃ったのでまずは合わせてみたのですが、やはり人の音を聞きながらだと全然吹けません。それでも、相手がクラリネットとサックスという音色の全く違う楽器だからか、レッスン等でフルート2本で吹いている時より、音は聞き取りやすいかもしれません。合わせてみると一人で練習していた時とは印象が全く変わりましたし、また勉強し直さないと。

 そういえば、同じ全日本吹奏楽連盟が主催する大会ですが、吹奏楽の大会は「吹奏楽コンクール」、アンサンブルは「アンサンブルコンテスト」と使い分けられています。マーチングが「マーチングコンテスト」なのは分かるのですが、吹奏楽とアンサンブルで言語を変えたのには何か意味があるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。