音の厚み

 102回目の作曲レッスンを受けました。今回で組み合わせ課題の大問が終わり、大きな山を超えたような気がします。まだ単純化されている問題なので、どこが組み合わされるのかや、反復進行の位置なども分かりやすいですが、どこで反復をやめるかや、どの音から組み合わせを始めるかなど、少し工夫しないといけない点がありました。

 作曲はシューマンらしい曲を書こうとしましたが、なかなかそれらしい感じを保てませんでした。また、実際に演奏してみると、要素が少なくて薄く感じてしまうなということも体感しました。音の厚みも思い通りに制御できればと思いますが、まだそこまでは考えていけません。

 楽曲分析は前回に続き、ラヴェル「ソナチネ」を和声分析していきました。これまでのドビュッシーとの違いに着目して、平行和音の扱い方の差や、和音の使い方などを見ましたが、なんとか新しさを出すための過程を見ていくのは面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。