曲も決定

 フルートの16回目のレッスンを受けてきました。今回は「XTERRA ASIA-PACIFIC CHAMPIONSHIP」へ出場するために1週間近く練習していなかったのでボロボロ。息の使い方や指使いも忘れかけていました。やはり毎日練習しないと駄目ですね。
 とりあえずアルテ1巻はC-durからG-durへ。音階とか分散和音の音自体は覚えているので問題ないのですが、思った通りに指が動かないのと、フルートでは出しにくいと言われている3オクターブ目の高いFisは、やはりよほど気を付けておかないと出ません。この辺りは練習あるのみ。

 アンサンブルコンテストへ向けても、なんとか一緒に出てもらえる人が集まり、曲を決めて楽譜も届きました。八木澤教司 作曲「花の香る季節に~3つの木管楽器のために」という曲をFl,Cl,B.Saxの3本で演奏することに。フレキシブルといい、任意の編成で演奏できるものです。スコアに色々なパートの譜面が書いてあるので、移調しなくても実音が分かり、移調楽器に慣れていない籔には大変ありがたいです。

 あとは12月へ向けて練習するのみ。約8ヶ月あるのでなんとかなりそうな気がしていますが、練習するものが多すぎて1時間の練習では全く足りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。