デクレッシェンド

 フルートの24回目のレッスンを受けてきました。前回に引き続いてアンサンブルコンテストの曲を見てもらいつつも、アルテ1巻の12課を爆進中。今している練習曲やアンサンブルコンテストの曲、吹奏楽コンクールの曲も全てフラット系の調なので、ブリチアルディキーを抑える癖が付き、音階練習でも抑えてしまう事が頻発しています。色々な調の曲を練習するのがいいのでしょうが、そんな余裕はありません。

 難しい指使いの練習方法は前回教えていただいたので、今回はデクレッシェンドでの音の処理の仕方を教えてもらいました。息の量を少なくしていくのに合わせて顎を出していく、そのバランスを練習していきます。これはソノリテに取り入れ始めてので、倍以上時間がかかるようになりました。
 何よりも早い指使いになると力が入ってしまい「フルートが折れる」と言われてしまいます。力を抜いた方が楽に早く動くのは理解しているのですが、なかなか力を抜くという事が難しい。小さな子供でも演奏できるフルートなので、指の力はほとんど必要ないはず。脱力系を心がけていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。