初めての発表会

 6月末にフルートの発表会に出演しました。今回は6人でのフルートアンサンブルで菅野よう子「花は咲く」をバスフルートで演奏したのと、ソロでClaude Achille Debussy「En Bateau(小舟にて)」を演奏させてもらいました。先生のコメント付きで紹介してもらい、舞台に出て拍手を貰ってと、なんだかピアノのお稽古時代に戻ったような気分になりました。前後は小学3年生ですし、完全に同レベルですね。

 フルートを始めて8ヶ月で初めての舞台でしたが、舞台には慣れていますし、出来ることは限られているので、あまり緊張を感じずに終えることができました。演奏は自分で怪しいなと感じていたところは全て出来ず、本番で実力以上は出ないということを再確認。そういう意味では少し緊張して、指や口周りが制御でき難くなっていたのかなと感じます。管楽器は指も息も使うので、緊張すると大変なことになりそうですね。

 今回はフルートもバスフルートも先生からお借りしたものを使わせていただいたので、最後に綺麗に掃除して発表会終了。実は黒シャツを用意し忘れていて、腕周り・胸周りがギリギリな感じでした。次回からは早目に用意しておかなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。