ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

 国立新美術館で開催されている「日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」という展覧会へ行きました。本当は東京都美術館で開催されている「クリムト展 ウィーンと日本 1900」を見ようと、開館時間に訪れたのですが、入場待ちの長い行列を見てすぐに諦めました。あれだけ人がいると絵を見るというより、人の中を漂うという感じかなと。とても人気がありそうだったので、事前に他の美術展も調べておいて助かりました。

 「日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」は、ウィーンにおける芸術運動の流れが分かる、とても良いものでした。特にエゴン・シーレの作品はインパクトが強くて、惹きつけられました。

 音楽をしている者からすると、モーツァルト、シューベルト、ヨハン・シュトラウス、マーラー、シェーンベルクの肖像画や演奏風景が描かれた絵が見れ、ハンス・マカルトの「真夏の夜の夢」、グスタフ・クリムト「ゴルゴンたち(ベートヴェン・フリーズのための習作)」といった、音楽と関わりの深い絵など、音楽関係の作品が沢山あって楽しめました。流石は音楽の都ウィーンがテーマになっているだけあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。