師匠のひと噛み

 久しぶりにニジンニ師匠のお世話係を拝命し、師匠ペースで生活する一日。トイレやご飯の時間や場所も決まっている、とても規則正しい生活をしている師匠に合わせるのはなかなか大変です。師匠も普段とは違うお世話係が来たので、なんじゃこいついはという感じでしょうか?それでも、以前は全く外に出てくださらなかったのが、一緒に出歩けましたし、少し変化が見られました。

 ただ、籔はしっかりと負傷。外遊のために首飾りを付けようとしたところ、指の柔らかいところをガブッとやられてしまいました。なかなかに肉がえぐれて痛い感じで、フルートが吹きにくかったり、トレーニングしにくかったりと少し影響が出ています。まだまだ指の鍛え方が足りないという事でしょう、精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。