ベートーヴェン

 久しぶりに吹奏楽団の人達に出会ったのですが、活動がなくなった2月中旬から全く練習していないという事で、文化活動はコンサートだけでなくて色々と止まっていんだなと実感しました。毎日ちょこちょこ練習して、今の内にまずは皆んなに追いつくのです。
 今日は空気が乾燥していたからか、フルートの発音がスムーズで音も少し綺麗だった気がしました。木管ではなくても湿度の影響ってあるのでしょうか、水分が少なくて空気が振動しやすいとか?

 ピアノも毎日1時間は練習を続けています、学生時代よりよほど真面目。ドビュッシーやラベル等のフワッとしているものばかり弾いていたので、久し振りにカッチリした曲を弾いてみたくなり、ベートーヴェンのソナタを練習し始めました。ベートーヴェンというと入試や試験を思い出しますし、あまり良いイメージが無かったのですが、いざ練習してみると音楽の作りが面白くて、ついつい練習時間が長くなってしまいます。
 ピアノでこういう曲を弾いていた頃は理論なども全く分からず、ただの指の運動になっていたのだなと、勿体ない事をしたなと思います。ようやく面白さを感じられたと思う今の年齢でベートーヴェンはこの曲を作曲していた様で、この1曲だけでも果てしない凄さが伝わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。