第67回日本伝統工芸展

 広島県立美術館で開催されている「第67回日本伝統工芸展」を見に行きました。人間国宝の作品多数に、受賞作品もちらほら。伝統的な「わざ」は籔が見ても理解できませんが、細部までの作り込みやアイディアに思わず見惚れてしまいます。詳しい人がいたら質問攻めにして教えてもらいたいくらい、疑問点がたくさん。

 最も取り上げられている木村 芳郎 氏の「碧釉漣文器」は今回の受賞作品でしたが、深い青味が見事。東広島の方らしいのですが、全く知りませんでした。まだまだ凄いわざを持っているのに、籔が知らない方たくさんいます。少しずつ吸収させていただきます。

 ちょうど梅が見頃だったので、横の縮景園も少しだけ散策しました。とても綺麗だったので人もたくさん、テレビも来ていましたし、この一角だけ賑わっていました。一時期、全く外国人がいませんでしたが、再び日本以外の人も多くなってきたように感じました。

 人が多い辺りは避けて、いつもののんびりコースをぐるっと回ってきました。これからは暑くなってくるので、今シーズンにこの庭園へ来るのは最後でしょうか、いつも通りリフレッシュできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。