一音違い

 8回目のピアノレッスンを受けてきました。苦手だった「ツェルニー30番」の5曲目と、モーツァルト「ピアノ・ソナタ 15番 K.545」の3楽章の2回目。スタッカートが多い曲は通常よりもタッチに気を配らないといけなくなり、そのせいで情報が処理しきれなくなる気がします。まだ音楽の大きな流れと指遣いで精一杯になり、他の事まで気が回っていないのですね。
 親指が来るところで音楽の流れに逆らってアタックのある音が出ていたりしたところを修正してもらい、なんとか次の曲へ進むことにしてもらいました。

 次回からは「ツェルニー30番」の6曲目と、ハイドン「ピアノソナタ 第35番」の1楽章になりました。ハイドンはちょうどフルートで装飾音符の練習として全く同じ曲を取り上げられているところですが、原曲はC-dur、フルートはD-durと一音違っています。同時期に同じ曲を2つの調で練習していくことになるので、なかなかな頭の体操になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。