跳躍ポイント

 14回目の作曲レッスンを受けてきました。レッスンを受け始めていつの間にか3ヶ月が経過、レッスン会場が自宅から近いので電動キックボードで通っているのですが、そういえばこれまで一度も雨が降っていません。電動キックボードだとドアtoドアで3分という距離なので、とても助かっています。

 引き続きⅤ7の課題を進めていますが、まだまだ慣れないことが多く戸惑います。特にⅤ7は限定進行音が多い割に第5音を省略したりとできることが増え、考えないといけないことが増えたことでパニックになります。今回の課題は法則を気にしていて、メロディに抑揚がなくなってしまっていたので、第一転回形などでしっかりと跳躍を作ることが1つのポイントでした。また、短い8小節程度の和声でも途中に半終始が出てきて、繰り返しのような作りになってきたので、前半後半のバランスを見ることでより良い課題作成が出来ることを実感しました。

 いつも復習をして、新しい課題をして、なんとか見直したらすぐにレッスンというバタバタ具合ですが、まずは1巻を確実に習得していきたいと思います。この感じだと目指せ半年でしょうか、社会人には期限がないというのも1つの強みですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。