ローナ・マギー フルートリサイタル 2019

 エリザベト音楽大学で行われた「ローナ・マギー フルートリサイタル 2019」を聴きに行きました。先週末は博多で「第19回日本フルートコンヴェンション福岡2019」が開催され、そこでマスタークラスをされていたので行きたかったのですが、どうしても都合がつかなくて行けず。コンサートだけでも聴くことが出来て幸運でした。

 ここ最近の課題になっているビブラートに集中して聴くためにも、最前列に陣取って勉強するつもりだったのですが、舞台袖から聞こえてくるチューニングの音があまりに良い音だったので、始まる前からすっかり聴き入ってしまいました。中低音が豊かで力強く、歌いまわしが自然。こういう音で吹きたかったんだという、籔の理想としている音を実際に聴かせて貰っている感じでした。

  • フルート/ローナ・マギー(Lorna McGhee) ピッツバーグ交響楽団・首席フルート奏者
  • ピアノ/石橋尚子
  • F.シューベルト / ファンタジー D934
    Franz Schubert(arr.L.McGhee) / Fantasy in C, d934
  • F.プーランク / フルートとピアノの為のソナタ
    Francis Poulenc / Sonata for flute and piano
  • T.A.ヴィターリ/シャコンヌ
    Thomaso Antonio Vitali (arr. Charlier / L.McGhee) / Chaconne
  • 上林裕子 / クリスタルの時
    Yuko Uebayashi / Le Moment de Cristal

 雨だったからか広島市内の交通量も多く、余裕を持って出発していたのにギリギリになってしまいました。帰りにはかなり強く雨が降っていましたし、往復ともになかなか大変。もう少し広島市内までが近くなると良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。