かえ指

 フルートの27回目のレッスンを受けました。今はA durを練習しているのですが、この調だと3オクターブ目の3オクターブ目のラ(A6)の音が出てきて、この辺りの高音域はハッキリとした音が出ずに苦手でした。
 今回は音が上がるに従って息の量が少なくなっているという事と、タンギングの位置を高音域では少し奥にずらすという2つを意識する事で、随分と音が出しやすくなった気がします。

 アンサンブルの曲は12月に指定テンポで演奏できるようにするために、幾つか変え指を教えてもらいました。技術では勝負できないのでなるべく簡単にして、なんとか表現で頑張るしかありません。道筋がうっすら見えてきたような。

 日本に1つしかないフルート雑誌「THE FLUTE」。これまでちょくちょく購入して読んでいたのですが、内容が全くコアではなく、もう読まなくても良いかなという感じになってきました。日本の雑誌は専門誌なのに専門的ではないものがたくさん、取っつきやすい・受取りやすい情報が求められているのでしょうが、すぐに飽きてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。