RZ

 セダンの「レガシィB4(DBA-BMG)」が曲がり角でボコっとぶつかったらしく、ドアの交換となりました。乗っている人が怪我をしなかったので良いのですが、車は再び入院。ここ1年くらい災難続きのB4です。ドア等の部品も在庫はなく、COVID-19の影響で生産も遅れ気味のようです。なんだかんだで6月いっぱいはかかりそう。なかなか大事です。

 トヨタ「スープラRZ」に試乗させていただきました。まだまだ山口県では走っている姿をほとんど見ないのですが、お店でも1台しか売れていないとか。営業の人が悪い面しか言わない車は初めてでした、たくさん売れても困るのかなと。車自体は何も考えず普通に運転できますし、諸々スムーズなのですが、もっとエンジン回している感覚があった方が好きかなと感じました。絶対的な速度はどの車も充分なので、どう感じるかが大切ですね。
 外から見る以上に室内はタイトですし、ガタピシというノイズもそれなりに出ていて気になります。ただ、ハンドリングはクルクル回って良い感じ。この車で遠くまで行くのは遠慮したいですが、近場で楽しむには楽しそうな車でした。日本のメーカからもこういう楽しい車が出て来たというのが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。