川端龍子展―衝撃の日本画

 広島県立美術館で開催されている「生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画」という展覧会へ行きました。本来は5月末までの予定でしたが、会期が延長されたおかげで見に行くことができました。これもほとんどの作品が大田区立龍子記念館から来ている為に出来ることでしょうし、タイミング的にはちょうどいい展覧会かなと。日本人の展覧会はお客さんが少ないのですが、今回もほとんど人がおらずゆっくり見て回れました。

 サイズの大きな絵が多く、大胆なのに繊細で思わず見入ってしまうものが多くありましたし、こういう絵が身近にあると常に身が引き締まる感じがするというものもあり、良い時間を過ごすことができました。ほぼ年代別に作品が並んでいたのですが、気に入ったのは何か新しいものをと考えている時代の作品。やはり完成されていなくても、変化しているものが好きな様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。