Six Duos Brillants 終了

 96回目のフルートレッスンを受けてきました。ガリボルディ「フルートのためのデュエット 作品145 第2集」は真ん中の6曲からなる「Six Duos Brillants(六つの華やかなデュオ)」が終わり、最後の「Six Grands Duos(六つの大きなデュオ)」に入りました。始めの6曲は4ヶ月半、今回の6曲は6ヶ月かかりました。これからの6曲は表現も難しくなってくるので、更に時間がかかりそうです。

 今回のポイントはタンギング。タンギング時に息の流れを止める癖が付いてしまい、タンギング後に雑音が入るようになっていました。息は吐き続けて、舌で音を区切るというタンギングの基本を思い出して、出来るだけ雑音が入らないように気を付けて練習しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。