予想外の午後検量

 約1週間後に迫った「第34回 中国五県パワーリフティング選手権大会」のエントリィリストが公開されていました。前回出場した山口県大会の様に1人ではなく、同じ階級に多数の選手がおり、賑やかに大会が行われそうです。現在は最終の調整期間、大会で挑戦する重量などもほぼ決めました。

 今回はほぼ予定通り減量を進めることができました。1週間前には規定体重に落とすことを目標に設定していましたが、目標通りちょうど1週間前に規定体重をクリアしました。カロリィ計算をしっかりとしていましたが、ここまで計算通りに行くと気持ちがいいです。
 ただ、今回は参加人数が多いために大会が2セッションに分けて開催されることになり、籔のカテゴリィは午後のセッションとなってしまいました。いつも朝起きてすぐ体重を測るのですが、大会の検量は12時とこれまで体重を測ったことのない時間です。朝ご飯を食べる量や水分の摂取量など、どの様に調整すれば良いのか分らず少し戸惑っています。

 もう時間はありませんが、もう少しだけ減量を進めて、余裕を持って大会へ向かうのが一番安全かなと思っています。残りの期間は体重を維持しつつ回復に充てようと思っていましたが、引き続き体重を減らしていく期間が続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。