属七へ

 12回目の作曲レッスンを受けてきました。今回のレッスンで第7章の「3和音の第2展開位置」が全て終わり、第8章の「Ⅴ7の和音」の小門に入りました。「3和音の第2展開位置」は定型が決まっているので、その定型通りに配置していると自由度があまり高くなく、連結を考えやすかったです。定型を見逃さないように気を付けるのが主で、工夫としてはあえて定形外の連結を使用するという感じでしょうか。

 ほんの少しですが、調によってはあまり考えなくても指が動くようになってきました。五線紙に向かって考え続けるより、ピアノで指を動かしていた方が早い場合もあるなと少し思います。まだまだこれから、変わらず地道に課題をこなしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。