2台ピアノと打楽器の夕べ

コンサートを聴いて、打ち上げまで参加させていただきました。 「2台ピアノと打楽器の夕べ」と題されたコンサート、曲目は下に書いた3曲で打楽器が出てくるのは3曲目のバルトークだけです。当然の如くその曲を目当てに行ったのですが、2曲目のプーランクも綺麗で気に入りました。もう一度聞きたい感じ。 hole
Sonata for piano, 4 hands, in C-dur, D.812  (F.Schubert)
Sonata for two pianos  (F. Poulenc)
Sonata for two pianos and percussion  (B. Bartok) Andre De Groote(ピアノ)、加島裕子(ピアノ)
小川裕雅(打楽器)、松倉利之(打楽器)
恩師は変わらず凄く上手。やっていることは基本的なことなのですが、一つ一つの動作が的確なのでしょうね…籔も時間ができたら練習しよう。 行く途中、夕焼けがとても綺麗でした。 sora

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。