読書まとめ

今日はジムに行っただけでほとんど外に出ませんでした。 ジムでは胸のトレーニングと水泳。水泳はひたすらプルと息継ぎの練習をしていました。やはり左右に揺れてしまうのですが、プルの軌道を直したら揺れも少なくなりそうな予感。明日は午前中に行けると思うので、また泳ぎたいと思います。 ここ1ヶ月くらい、今年2回目の読書期が訪れていたので、読んだ本を記録しておきます。呼んだのは次の8冊、個人的に好きだったのは歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」と江國香織の「スイートリトルライズ」。両方とも淡々としていますが、刺激的でした。
・リチャード・バック「海の救助隊」
・森博嗣「銀河不動産の超越」
・赤川次郎「霧の夜の戦慄」
・森健 「就活って何だ」
・江國香織「スイートリトルライズ」
・拓未司「禁断のパンダ」(上・下)
・歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」
ほとんど西条への移動中か西条での空き時間にしか読まないので、遅いペースですがこれからも読んでいこうと思います。 明日は祖父が広島に来るので会うことになっています。午前中に病院へ迎えに行って親戚の家へ、その前にジムへ行くので7時には家を出ないと。