三滝山へ

 朝起きた時から体中が筋肉痛で少し起き上がれなかった程でした。昨日は9kmとこれまでより長い距離をトレイルランしたので、お尻周りだけで無く、脊柱起立筋や広背筋など背中の方も筋肉痛になっていました。
 昨日と同じように、朝の内にロードバイクでジムへ。行きはアップなのでユックリ行きましたが、帰りは30秒のインターバルを7本。最後は前を向いているのが辛くなる程、良い有酸素運動です。
 一昨日、一緒に牛田山へトレイルランに行ったS氏が新しい山をメールして下さったので、早速走ってみました。家から最も近いであろう「三滝山(宗箇山)」、三瀧寺の駐車場からグルッと山を周り元の場所に戻ってくるコースです。
時間:0:31:42 距離:3.79km 平均速度:7.17km/h 獲得標高:375m

より大きな地図で 2012/08/17 16:47 を表示
 ここの山頂へは三瀧寺から時計回りで登るAコースと反時計回りで登るBコースがあるのですが、今回はBコースで登りAコースで降りるという、反時計回りに走ってみました。
 Bコースはとにかく急なのでトレイルランというよりは山登り、頂上まで30%も走っていないと思います。途中にはイノシシの糞を3ヶ所で発見し、ビクビクしながら出来るだけ急いで登りました。三滝山山頂からは広島市内が一望できますが、なかなか木が茂っていますね。

 山頂の標識には標高356mと出ていました。牛田山よりも約100m高いですし、これまでの牛田山、尾長山、二葉山のどれよりも高いです。今のところ最高標高、ここまで駐車場から23分でした。

 下りはAコース。こちらは急な傾斜が無いので、最初から最後までほぼ走り切る事が出来ます。木などの障害物を避けながら、コースを選択し、なかなかのスピードで疾走。正にトレイルランという感じです。途中にはコンクリートの構造物もありましたし、その下には沢もあって色々と楽しめますが、沢は滑りやすいので注意が必要です。籔は滑って一度転びました。

 最後は三瀧寺の中を走って行くので、ここで減速しましたが、山頂から駐車場まで9分かかりませんでした。Bコースの登りがもう少しゆるやかならお気に入りのコースです。
 三滝駅から三瀧寺までは約1kmの登り(舗装路)を歩かないといけないので、自転車等で三瀧寺まで行った方が楽な気がします。お盆が終わったので途中には盆提灯がまとめて捨ててありました。
 トレーニングは胸と肩。
 前回は1レップしか出来なかったベンチプレスでの90kgが2レップ出来たので、100kgに挑戦。1レップ目も上がらずにあえなく潰れました。この1種目目でかなり体力を使い、後はなんとか刺激を入れていっただけです。
Bench Press 60*12,10 70*9 80*5 90*2 100*0
Pectoral Fly 41*12 45*9 50*6 54.5*3
Chest Press 48*12 53*10 58*7 63*4
Incline Dumbbell Press 20*10,8 Shoulder Press Machine 30*12 35*10 40*9 45*5
Up Right Row 20*12,10,8
 小林 敬和の「競技力アップのボディコントロール―身体資源を有効に活用する機能的トレーニング」という本を読みました。身体能力に関係する事柄が一通り書かれているので、これを読めば何をする必要があるのかとりあえず分かります。運動をしている人ならどこかで聞いた事の有る内容が多いですが、読んで損は無い感じでしょうか?トレーニングメニューも沢山あるので、体幹系のトレーニングをしたことの有る人なら分かりやすくて良いかもしれません。籔は気に入りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。