リアの物語

 午後から急いで広島に移動し、HIROSHIMA HAPPY NEW EAR OPERAⅡとして上演された細川俊夫の「リアの物語」を観てきました。会場はアステールプラザ中ホールの能舞台。どうも能舞台で上演することに意味があったのかよく分かりませんでしたし、シェイクスピアの「リア王」が題材になっているだけあって、かなり重たいオペラなのですが、所々気が抜けたようになる事が気になってしまいました。悲劇はテンションの維持が大変そうです。
 夜は三本ローラー25分で16.5km。今日からノンビリと漕ぐのは止めて、ダッシュを織り交ぜながらのトレーニングモードに移行しました。今使っているサイクルメーターCATEYE「STRADA」は心拍計も付いているので、心拍数とケイデンスを測りながらトレーニングしていきます。ケイデンスは90rpm以上をキープ、心拍数もダッシュ時は180bpm以上をキープして漕ぎました。音楽を聞きながら、1回目のサビが始まったところから曲が終わるまでダッシュという決まりです。
 ようやく脚が回り始めましたが、それでもケイデンス90rpmをキープしておくのは少し辛い。どうしてもレースになると力で漕いでいってしまうのですが、それをするとランに脚が残らないので、今シーズンは少しケイデンスを上げてみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。