伴奏合わせ

 発表会へ向けて最初で最後の伴奏合わせをしました。籔の予定がなかなか合わず、本番までの合わせが1回だけになってしまいました。初めましてですし、ピアノと合わせたというよりピアノに合わせてもらっただけですが、ピアノの音も聴きながら演奏することが出来ましたし、なんとか最後まで曲は続きそうな感じ。

 今の籔の音量だとピアノがまともに弾くと負けてしまいますが、楽器の音量が小さいと伴奏の音を聞きやすいという利点があるのだと実感できました。早く伴奏者がゴリゴリ弾けるよう、上達したいなと思います。練習しなければ。

 また、6人でのフルートアンサンブルにも出させていただくので、その合わせも。譜面は簡単なので落ちる心配はないのですが、バスフルートなので息が足りなくなってしまいます。終盤は吸っても空気が入ってきていない感覚があり、陸で窒息しそうな、なかなかに苦しい状況です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。