フルート調整

 フルートの教室にムラマツフルートのリペアマンが来られたので、今使用しているNikkan「YFL-211S」のメンテナンスしていただきました。30年以上前の楽器にしては状態が良いとのことでしたが、メンテナンス後は特に3オクターブ目の音を出しやすくなりました。

 試奏用の楽器も来ていて、ムラマツのEXとPTPを吹かせていただきました。EXは可もなく不可もなく、これに20万円以上出すのはちょっとという感じ。PTPはしっかりと芯のある音で、どれだけ吹いても破綻しない感じが好きだったのですが、少し倍音が暗いような。せっかくフルートを吹くなら、もっと明るくてハデハデな音の方が良いかなと感じました。中古で税込70万円、楽器としてはとても良かったので、好みの問題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。