フルート調整

 フルートの教室にムラマツフルートのリペアマンが来られたので、今使用しているNikkan「YFL-211S」のメンテナンスしていただきました。30年以上前の楽器にしては状態が良いとのことでしたが、メンテナンス後は特に3オクターブ目の音を出しやすくなりました。

 試奏用の楽器も来ていて、ムラマツのEXとPTPを吹かせていただきました。EXは可もなく不可もなく、これに20万円以上出すのはちょっとという感じ。PTPはしっかりと芯のある音で、どれだけ吹いても破綻しない感じが好きだったのですが、少し倍音が暗いような。せっかくフルートを吹くなら、もっと明るくてハデハデな音の方が良いかなと感じました。中古で税込70万円、楽器としてはとても良かったので、好みの問題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。