名前の理由判明

 改装は順調に進行しており、床の骨組みが完成していました。今回は寒さ対策・入口の扉交換の関係で床を少し上げることになりました。コンクリート造の建物なので、コンクリートから少しでも距離があった方が寒くなくて良さそうです。
 この建物はフランス語で水先案内人という意味を持つ「ピロッテ」と呼ばれているのですが、ようやく理由が判明しました。2階部分は以前「来夢」という喫茶店でしたが、1階部分は同じ時期にヤマザキパンの店で「ピロッテ」という名前だった様です。パン屋さんはもっと前の事だと思っていましたが、どうやら同じ経営者がパン屋と喫茶店を上下でしていた様です。

 籔家はテレビ台が搬入されたせいで、床拭きロボットのiRobot「ブラーバ380j」が高さが足りずに挟まるという事故が発生したので、仕方なくテレビ台の脚下に2cm厚のゴム板を敷いてかさ上げすることにしました。見た目よりも毎日の掃除の方が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。