調整

 56回目のフルートレッスンを受けてきました。この1週間、とにかく指練習を繰り返していたので、練習曲はなんとかクリア。「E・ケーラー作品33練習曲集」の2番はどうも苦手で、発表会を挟みましたが2ヶ月かかってしまいました。この曲があったせいでガリボルディ「ミニオンエチュード」から一気に難易度が上がった様に感じます。

 フルートのMIYAZAWA「AZ coSmo-RH」は使い始めてから約4ヶ月で、初めての調整をしてもらいました。まだまだ不具合はないのですが、毎日ガシガシ練習していますし、あまり丁寧に使うのは得意ではないので、しっかり練習してしっかり調整してもらう方針です。調整してもらっている1週間はNikkan「YFL-211S」で練習していたのですが、同じ様に鳴らそうとすると息が大量に必要で大変でした。楽器が戻ってきても必要以上に息を拭く癖がついて、オーバーブローする事がちょこっと。サブ楽器と考えていましたが、オーバーホールなどで1ヶ月近く手元から楽器が離れる時はストレスが溜まりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。