シートベルトが犯人

 「スカイラインクーペ(DBA-CKV36)」のエンジンオイルとオイルフィルタを交換してもらいました。交換時のODOメータは98,000km。大台の10万kmへ向けて、これが最後のオイル交換です。ラジエータのファンから少し音は出ていますが、まだ水温も上がっていないのでもう少し様子見。最低でも次の車検までは頑張ってもらわねば。

 12月に93,700kmで交換したドアグリップですが、運転席側はすでにかなり傷がついて凹んでいます。特に指輪やアクセサリー等も付けていないので、ドアの開閉時に傷が付くことはないと思っていたのですが、どうやらシートベルトを外して巻き取る時に、勢いよく外すとバックルがドアグリップへ当たるようです。シートポジションも関係するかとは思いますが、内装では明らかな素材の選択ミスかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。