構え方変更

 93回目のフルートレッスンを受けてきました。少し前まで楽器が上手く固定できず、特に音程が下がり気味になってしまっていたのですが、ここのところ出来るだけチューナーを活用して練習したことと、構え方を少し変更したことで随分と修正されてきました。今まで地面と並行に構えていたのですが、ちょっと右下がりにした方が右手で支えやすい様です。

 練習曲は1曲が長くなってきたので、曲の途中でバテてしまいます。持久力がないのはずっと続いている課題、細切れで練習していて、1曲を通して練習する機会が少ないということ影響していそう。曲を通して練習する回数も多くして、持久力をつけなければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。