譜読み間に合わず

 3回目のピアノレッスンを受けてきました。今回は「ツェルニー30番」の3曲目で右手左手の音量バランスを確認、まだまだ譜読みも怪しい中で、和音の内声を意識して演奏するのは脳がついていきません。次回まで持ち越しです。

 「ピアノ・ソナタ 15番 K.545」の1楽章は前回のレッスンから1週間では、全編テンポルバートでしか演奏できず、まだ指遣いを確認しながら弾くレベル。構造的にはシンプルな曲なので、全てずれないように整えて、次回は2楽章も一緒に持って行くことになりました。
 和声もシンプルで可愛らしく感じる曲なので、まだ前期の作品かと思っていましたが、死去する3年前の後期の作品とのこと。これまでのイメージと全く違う曲でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。