9ヶ月ぶり

 どうも感じの変わってきたフルート MIYAZAWA「AZ coSmo-RH」を調整してもらいました。コンテストがあったので、コンテストが終わってから調整してもらおうと我慢していると、前回の調整から9ヶ月経過していました。6ヶ月程度かなと思っていましたが、思っていた以上に期間が経っていたようです。調整後は楽器も綺麗になり、音もしっかりと出るようになりました。

 少し前からどうも音の鳴りが悪いなと感じていたので、今の使い方だとやはり6ヶ月ごとに調整してもらった方が良い様です。まだまだ力を入れてキーを閉じてしまうので、楽器には悪いなと感じながら練習していますが、なかなか力を抜くことが出来ません。この辺りは力を抜かないと早い動きも出来ませんし、「タファネル&ゴーベール:17のメカニズム日課大練習」を使った指の練習を継続して、出来るだけ軽く動くようにしていきたいです。

 メンテナンス中はサブ楽器のNikkan「YFL-211S」で練習していたのですが、息を吹き込んだ感じがとても軽くて、ちょっとでも無理をするとすぐに破綻してしまいます。これはこれで良い練習になりますが、やはり普段からパワーのあるキラッキラした音で練習したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。