山口県吹奏楽連盟 光・柳井地区 ソロ・アンサンブルコンテスト 2021

 サンビームやないで開催された「山口県吹奏楽連盟光・柳井地区 令和3年度 ソロ・アンサンブルコンテスト」に出場しました。昨年に続いてピアノ伴奏も無いフルート独奏で出場しましたが、変わらず緊張して、全くうまく演奏できませんでした。こう緊張するなら、舞台上でチューニングなど出来るようにピアノ伴奏のある曲で出場した方がいいのかなとは思いますが、1回の演奏で終わるコンテストなので無伴奏に拘りたい気もします。

 今回の曲目はPierre-Octave Ferroud「Trois Pieces – Berger Captive」。低音部での速い動きだったり、オクターブでの跳躍など、苦手なものが多かったので、まずはそこを克服するところから練習が始まりました。オクターブでの跳躍はほぼ出来るようになり、本番でも成功しましたが、低音部での速い動きは調子が良ければできるという感じで、本番では当然うまくいきませんでした。まだまだ練習時間が足りなかったというのが正直なところ。
 全体的にも思ったように演奏する事ができず、自己評価では30点くらい。なかなかフルートでは思っている通りの演奏をする事ができませんが、せめて本番で70点の演奏ができるようにはなりたいところです。余裕を持って、確実に演奏していけるように練習を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。