3楽章に

 105回目のフルートレッスンを受けてきました。前回のレッスンからホームコンサートを挟んでいるので、全て中途半端なままで見ていただくことになりましたが、最低限の譜読みだけは終わらせていきました。久しぶりに衛藤幸雄 編「フルート名曲31選」から、11番 Jules Massenet「タイスの瞑想曲」を取り上げています。フルートでは頻繁に演奏されるクラシック曲のようですが、音楽を前へ前へと作っていくのは大変です。

 発表会へ向けての選曲も始まり、Paul Hindemith「Flute Sonata」の3楽章に決まりそうです。2020年の発表会で1楽章を演奏しているので、少し親しみもありますが、テンポが速くて大変そう。まずはゆっくり演奏できるように譜読みを始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。