自身への眼差し – 自画像展

 周南市美術博物館で開催中の「自身への眼差し – 自画像展」を見に行きました。早く見に行っておかないと、いつ休館になるか分からないという状況に再びなってしまったので、開催されたら早い内に見に行く様にしていますが、小さな美術館は人が少なくて空いており、開会直後でも快適に観覧することができました。いつ行っても、来場者よりスタッフの方が多いのではないかと感じる美術館です。

 自分をどう表現するかというのは、何か他のことを表現するのとは全く違う難しさがあると思いますが、色々な表現の仕方があり興味深く見ることができました。現代に近付くと、自分を通して他のものを表現している作品もあり、自分の姿も道具として捉えられているのだなと感心しました。この辺りは音楽にも繋がってきそう、良い刺激をいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。