素手の200kg

 1週間前にデッドリフトで202.5kgが挙がったばかりでしたが、今度は握力を補助する「パワーグリップ」を装着していない状態でもデッドリフトの200kgを挙げることができ、大会と同じ条件でビッグ3合計500kgを達成することができました。11月の大会では180kgで満足していましたが、そこから短期間で20kg伸ばすことができて自分でも驚いています。

 やはり定期的に練習することで、バーを掴む方法を身につけてきたのかなという気がします。パワーグリップを使用している時とほぼ最大重量は変わらなくなってきたので、後は引き上げる方法を学んでいけば更に記録の更新を狙えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。