ピアノ合わせ

 発表会へ向けて1回目の伴奏合わせをしました。今回のPaul Hindemith「Flute Sonata」3楽章はあまりテンポの変化がないので、淡々とリズム通り演奏していくだけですが、フルートとピアノでタイム感が全く違うところがあり、慣れるのに時間がかかりました。流石にフルートを始めて3年半経過しているので、なんとかフルートを吹きながらピアノを聞くということも出来るようになってきたように思います。

 ただ、難しい箇所はまだまだ余裕がなく、ピアノは聞けるのですが指が思い通りに動かなくなってしまいます。伴奏合わせがもう1回あるので、その時までにはもう少し余裕を持って演奏できるようにしておかなければ。基本的な繰り返しとリズム練習などを繰り返して、精度を少しでも上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。