ピアノで修正

 2回目の作曲レッスンを受けてきました。前回と今回の2回で、「和声 理論と実習 Ⅰ巻」の4章まで終了。とはいえ、まだまだ連結の法則や例外配置を忘れてしまい、常に本を見返しながら課題を解いています。レッスンでは実際にピアノで音を出しながら課題を見ていただくのですが、解いていた時には気付かなかった間違いが多く、間違えたところは再びやり直していくことに。

 楽譜作成ソフト「MuseScore」の操作にも随分と慣れてきて、少しずつスムーズに楽譜を作成できるようになってきました。ただ、今回のレッスンで間違えた部分をやり直す時にも、実際にピアノで弾きながら実施した方が早いので、一旦ピアノで考えてから楽譜を作成するようにしようと思います。禁則なども実際にピアノで鳴らすと響きに違和感があるので、間違いも減るかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。