持ち直せず

 フルートの4回目の発表会に出演させていただきました。会場は昨年に引き続き周東町にある「パストラルホール」、とても素直な響きのホールで、近隣では最も好きな会場です。柳井市内から車で20分もあれば到着するので、年に1回ではなくもう少しここで演奏できればなと演奏する度に思います。

 今回の曲はPaul Hindemith「Flute Sonata」3楽章、2年前に1楽章を演奏させていただき、この調子だと一曲全て演奏できるようになるかなと思っていましたが、演奏は先週からの不調が回復せずメタメタになってしまいました。一度崩れると、それを立て直そうと足掻いて更に崩れていくという悪循環。ソナタを全楽章通して演奏できるようになるかもと喜んでいましたが、こんな演奏ではダメですね。

 折角のおしゃれな曲をおしゃれに演奏できなかったので、次こそは余裕を持って演奏できるように基礎的な事から復習していこうと思っています。また来年へ向けて頑張らねばなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。