ようやく回復

 118回目のフルートレッスンを受けてきました。発表会の2週間前くらいから調子が悪かったのですが、今回のレッスン前くらいから、ようやくいつも通り音を出すことができる様になってきた気がします。調子が崩れている期間が約1ヶ月間というのは長いです、思い通りに演奏できないのでストレスも溜まりました。どうも大きな音で演奏しようとすると調子を崩すので、大きく感じられる演奏を目指さなければと思います。

 レッスンではテレマン「6つのソナタ 作品2」の1曲目2楽章と、アルテ2巻の28章2曲目を見ていただきました。ダブルタンギングでの16分音符をひたすら練習していましたが、まだ指と口のタイミングが合っていないところがちょこちょこ。どうも指を音が出切る前に早く動かしてしまっている様なので、1つずつ指を確認しながらゆっくり練習しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。