本番直前

 134回目のフルートレッスンを受けてきました。本番直前となり、オネゲル「牝山羊の踊り」のレッスンをしていただきましたが、ちょっと時間が足りなかったことが鮮明となってきました。もう少し早くから真面目に取り組めていればと思いますが、毎回同じように時間が足りなくなるので、これくらいのクオリティを目指していたのかなとも思います。

 レッスンではまだ改善できそうな細かな動きを修正していただき、自信を持って送り出していただきました。なんとか大きな流れだけは作りたいのですが、一度崩れてしまうと立て直せなくなりますし、細かな発音などもなかなか改善できていません。最後まで少しずつ改善していき、なんとか落ち着いて演奏できるように近付けていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。