長崎・呼子ツーリング 1日目 広島~佐世保~長崎

深夜1時頃に行くことを決め、出発したのは05:30。全く下調べ無しだったので、全て現地で考えることにしました。とりあえず1日目の目的地は長崎。 ルートはこんな感じ。

大きな地図で見る
詳細はこちらをどうぞ → こちら 天気予報では四国の下に低気圧が有ったので、なるべく早く西側へ行こうと高速道路をひた走りました。途中、寄り道した他は関門橋手前の壇ノ浦PAまで休憩なし。夏用ジャケットにインナーベスト装着という格好でしたが標高の高い所で少し寒かっただけ、交通量も少なく快適に進みました。
kanmon 九州に入ってもペースは変わらず。鳥栖JCTを過ぎたところにある金立SAまで一気に進み、そこで長めの休憩を取りつつ進路を考えます。
bike2 ここでの候補は次の2
 ①高速道路で一気に長崎市まで行き、諫早や雲仙を見て回る
 ②佐世保まで高速で行き、東シナ海を見ながら長崎市へ
①だと早く着きすぎる気がしましたし佐世保バーガーも食べれるので②に決定。 佐世保市内に出てからは駐輪場が無かったので少し市内を巡り、結局、車用に駐車。どこの街もバイクを停めることが出来る場所は少ないですね。市内を少し歩いて、駐輪場を探しているときに見つけた「BigMan」という佐世保バーガーのお店で昼食。縦に厚みがあって食べにくいのですが、かなり美味しい。人もたくさん来ていました。
big big2 ここからはハウステンボスの前を通り、東シナ海の横を通りながら長崎市を目指しました。海も綺麗ですし、山も中国地方よりモコモコしていてブロッコリーみたいな感じ。高知と緯度は同じなのですが全く違う印象です。 途中、「道の駅 夕陽が丘そとめ」で休憩。崖の上にあるとても見晴らしの良い場所で、地元バイカーのたまり場になっているみたいでした。籔のバイクのナンバーが珍しかったらしく、囲まれる。皆さん良い人で、色々話し道も教えてもらいました。
sotome ここからは一気に長崎市まで、市内に入ると車の運転の雑さ・ルールの無さに驚きました。事故らないように注意しながら、なんとかホテルに到着。今回は屋根が無い駐車場だったのですが、前を車がふさいでくれたので安心でした。
bike シャワーを浴びてから、歩きで市内散策。とても素敵な公園があったのでノンビリしてみたり、中華街・繁華街をウロチョロ。中華街の中にある「江山楼」でちゃんぽんを食べて帰りました。今まで「ちゃんぽん」ってあまり美味しいイメージが無かったのですが、ここのは最高。もう一度食べたいです。
chanpon2
 chanpon 走行距離は512.44km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。