1時間

 朝の気温は2℃、寒さと眠気でギリギリまで布団に入っていたのですが、なんとか起き出して自転車に乗ることが出来ました。朝は山の方から雪が飛んでくるのか、たまに水滴が顔に当たることがあります。当然のように寒いですが、2℃あれば路面も凍っていませんし、なんとか走ることが出来ます。
 少し前に買ったドビュッシーのCDに入っている「Nocturnes」を聴きながら通勤すると、とても眠くなりました。夜に聴くとすぐに寝てしまうでしょうが、やはり夜に聞くものですね。
 お昼には相変わらずフルートを練習しています。ちょっとキーの押さえ方が汚くなっていたので、そこを修正。随分と身体の力は抜けてきたのですが、高い音を出そうとすると唇付近に力が入ってしまいます。まだまだ意識していかなければなりません。
 今の職場は1時間単位での有休を取ることが出来るようなので、今日は1時間早く退社してみました。明るい内に広島まで戻ることが出来ましたし、夜のコンサートまでに少しだけ自転車に乗ることも出来ました。コンサートがある時にはとてもありがたい制度、これからしっかりと活用させて貰おうと思います。
 サクソフォーンの平野公崇の演奏を聴くのは2回目だったのですが、1回目と感じが同じで懐かしい感じがしました。曲が単純だっただけに、表現の付け方などとても勉強になりました。
トロンボーン/若狭和良
サクソフォーン/平野公崇
オルガン/佐々木悠 第1部 サクソフォーン独奏
●J.S. バッハ
コラール前奏曲BWV.659「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」
管弦楽組曲第3番 ニ長調
BWV.1068より第2楽章 アリア「G線上のアリア」
ゴールドベルク変奏曲BWV.988より第26、19、7、30変奏
第2部 トロンボーン独奏
●G.ホルスト トロンボーンとオルガンのための二重奏曲
●B.クロール シンフォニア・サクラ「イエスは我が喜び」
●G.B.ペルゴレージ シンフォニア へ長調
●S.フェルヘルスト 日本に捧ぐ歌
<共演>
●J.S.バッハ カンタータ第147番BWV.147よりコラール「主より人の望の喜びよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。