班女

 雨は朝には止んでいましたが、まだ路面は濡れており自転車に乗れませんでした。乾いていても右手の小指周辺が痛いのでしっかりとブレーキをかけることが出来ませんので、結局乗れません。
 お昼休み、いつもの様にフルートの練習をしようとすると音がきちんと出ません。音は出ても音程が全く違うものも有りますし、何かおかしいとチェックしてみると、DやD#のトリルキィ付近にあるピンが外れていました。これが外れると、ここのトーンホールから息が漏れるようです。きっと磨く時に当たって外れたのだと思いますが、急に音が出なくなると焦りますね。単なる練習の時で良かったです。

 楽器は直っても、手は治りません。右手の小指を横に開くと痛いのでD#レバーから小指を動かすことが出来ず、運指の練習は出来ませんでした。代わりに3オクターブをスラーで跳躍する練習をジックリとしました。
 仕事を1時間早く帰り、細川俊夫のオペラ『 班女 』を観てきました。会場はアステールプラザの中ホール(能舞台)。能舞台でオペラを観ることは初めてですし、そもそも能舞台を見るのが初めてかもしれません。オーケストラがピットでは無く、舞台のすぐ側にいるのでなんだか変な感じがします。
 細川俊夫らしい作品でしたが、あまり動きの無いオペラでしたので、籔はオーケストラの方を見ていることが多かったです。フルートは1人。ピッコロ、フルート、バスフルートの持ち替えで忙しそうでした。
『 班女 』
音楽監督 細川俊夫
指揮 川瀬賢太郎
演出 平田オリザ
演奏 広島交響楽団
キャスト
 花子 半田美和子
 実子 藤井美雪
 吉雄 小島克正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。