バルブ付け根

 外に出たら熱く、部屋の中は寒いという困った季節になりました。特に移動の高速バスは寒いことが多いので、ここで気を抜くと後で身体が動きにくくなります。
 シュラッグで僧帽筋を痛め、首を寝違えたような状態になっているので、なかなかロードバイクに乗る気が起きません(安全確認の為に後ろを振り返ると痛い為)。今日も夕方に重い腰を上げて走りに行こうとしたのですが、チューブのバルブ付け根部分が切れてパンクしていました。
 こんな状態になったのは始めて、空気を入れる時に横に力がかかったのでしょうか?走行中にパンクしなくて良かったです。

 チューブ交換は慣れたものですぐに終わったのですが、ホイールを外すと普段見えない汚れが気になったので掃除をすることにしました。籔のFOCUS CAYOは上からコーティングがされていないので、白い部分に汚れが付くとなかなか落ちません。特にダウンチューブとフロントフォークの白い部分は黒く汚れて大変。プレクサスで磨くのですが、随分と時間がかかります。
 高田 崇史の「QED 百人一首の呪」という小説を読みました。タイトルに入っている通り、百人一首がずらずらと出てきますので、全く覚えていない籔は苦労して読みましたが、久し振りに面白いミステリィを読みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。