初ナイトトレイルラン

 朝は昨日のイベントのお片付け。車で3往復し、運び込んでいた物を全て撤去しました。お盆なのでまだ少しお祭りの名残が残っていましたが、もう静かなものです。
 いつもお世話になっている広島のランニング用品屋さん「Run+」主催のナイトトレイルランイベントに参加してきました。山の中でヘッドライトを使用するのも、レース以外で20人以上で走るのも初めてでしたので、とても面白い体験をすることが出来ました。
 水分峡をスタートして呉婆々宇山方面へ上がっていくコース。初めてのコースでしたがなかなか走り甲斐のありそうなコースでした。スタート時にはまだ明るかったので、目的地のバクチ岩に着くまではヘッドライト無し。ちょうど着いた頃に太陽が沈むのを見ることが出来ました。

 ヘッドライトを付けて高尾山の辺りまで下りてくると、ここからは夜景を綺麗に見ることが出来ました。景色も開けているので風が気持ちよく、少しだけ夏で無い様な雰囲気です。お昼はまだ暑いですが、朝・夜は少し暑さが和らいできたように感じます。

 最後は完全に暗くなったので、完全にヘッドライト頼み。光は充分なのでしっかりと走れるのですが、急に視界に情報が飛び込んでくるので、普通に走るよりも精神的に疲れる感じがありました。もう一回は練習しておきたいと思います。
 最後は「スーパー銭湯ゆ楽」で汗を流して帰りました。山を下りたところに温泉があるのは最高です。

 走りに行く前に広島県立美術館で行われている「ゴッホ展」へ寄り道。凄い人が多かったですし、なんだか説明ばかりで微妙でした。絵を見る時は単純に絵だけを見たいので、もう少し自由に見られる雰囲気が有れば良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。